使い方ガイド
  • 5つのステップで「簡単操作」
  • 会計ソフトと科目、補助、部門を連携
  • データ又は、エクセルファイルのパターン設定
  • 5つのステップで「簡単操作」
  • 会計ソフトと科目、補助、部門を連携
  • データ又は、エクセルファイルのパターン設定

各操作の詳細

  1. 会計ソフトから科目、補助、部門等、マスター情報を受入

    早業BANK8で事業所データを作成し、科目、補助部門の登録を行います。
    弥生会計は連動データとして選択すれば自動で登録されますが、財務応援、勘定奉行、大蔵大臣は別途マスターデータを会計ソフトより出力し、早業BANK8に登録します。

  2. 銀行データ又は、エクセルファイルの仕訳パターン設定

    パターンの設定が出来たらデータを画面上にドロップするとコンバート処理が行われ、早業BANK8に仕訳が表示されます。

  3. データ又は、エクセルファイルをドラッグ&ドロップし

    早業BANK8に取り込まれた仕訳の内、片方の勘定科目が指定されていない仕訳については「未変換リスト」に表示されます。
    未変換リスト画面で直接科目、補助部門を入力し、必要に応じて摘要を上書きします。反映処理を行うと「変換設定」が登録され、次回以降は自動で修正した内容の仕訳に変換されます。

  4. 仕訳データの修正と変換設定の反映

    データごとに取り込む為の形式を登録します。
    銀行データは一覧より登録することが出来ます。Excelはシートごとに振替伝票を作成する「複合仕訳」と「単一仕訳」があるので、内容に応じて選択してください。

  5. 仕訳データの書き出し

    出来上がった仕訳データを早業から書き出し、各受け入れソフトでは仕訳を受け入れします。

動画で確認

仕訳の作成方法

インターネットバンキング、エクセルデータなどのデータをドロップするだけで仕訳を作成。

仕訳の作成方法

仕訳の作成方法

仕訳の作成方法

仕訳の作成方法

仕訳の作成方法

仕訳の作成方法

早業BANK8で仕訳の書き出しを行った後に弥生会計の事業所データを起動すると「連動製品からの仕訳取込」画面が表示されます。

仕訳の作成方法

仕訳の作成方法

そのまま操作を進めるだけで仕訳の取込が完了します。

仕訳の作成方法

60日間無料体験

お問い合わせ

  • tel 0669403080

    fax 0669403080

    受付:9時~12時、13時~17時
    ※土曜日曜祝祭日、及び弊社指定日を除く

  • fax 0669435121

    ※24時間受付

ページトップ