よくあるご質問

※各ご質問の所をクリックすると回答内容を見ることができます。

1. 弥生会計との連動がうまく行かなくなった。

連動エラーが表示される原因は主に①「弥生会計の事業所を開いている(別のPCで開いている場合も含む)」、②「弥生会計のデータの保存場所が変わった」、③「弥生会計のバージョンを変更した」、④「弥生会計の繰越を行った」のどれかになります。

 

①の場合は開いている弥生会計のデータを閉じてから再度連動を確認してください。

②・③の場合は連動先データを再度設定する必要があります。

 

PDF 事業所の変更について

 

④の場合は早業BANK8の2種類の方法があります。

 

決算期毎に早業BANK8の事業所データを区切る場合

 早業BANK8で繰越処理を選択することで決算期毎のデータを作成出来ます。

 ※繰越後のデータに関するパターン数はカウントされません。

 

 PDF  かんたん繰越処理について

 

Ⅱ決算期毎に区切らない場合

 連動先のデータを再設定します。

 

 PDF  事業所の変更について

2. 科目・補助・部門の検索にサーチキーを使用できますか?

早業BANK8では事業所データ作成時に弥生会計から科目・補助・部門の情報を自動取得してきますが、サーチキーの情報は含まれていません。

 

弥生会計からマスター情報の出力を行い、早業BANK8のマスターを更新することでサーチキーを使用出来るようになります。

 

PDF 目検索時にサーチキーを使用する方法

3. テキストデーターやCSVデータでも仕訳に変換できますか?

データに合わせて読み込む形式を設定することで仕訳に変換することが出来ます。

 

※データによっては一部加工が必要となる場合もあります。

4. エクセルの形式は固定されていますか?

特に固定はされていないので、現在使用しているデータをそのまま使用することが出来ます。また、ホームページより現金出納帳、買掛金、売掛金に関する仕訳作成用のテンプレートをダウンロードすることも可能です。必要に応じてご使用ください。

5. 借入金返済額から元金と支払利息を分けて仕訳できますか?

追加仕訳を登録することで可能です。

 

PDF  借入金の複合仕訳作成

 

 

 

6. 期末繰越の仕方

①決算期毎に早業BANK8の事業所データを区切る場合

 早業BANK8で繰越処理を選択することで決算期毎のデータを作成出来ます。

 ※繰越後のデータに関するパターン数はカウントされません。

 

 PDF  かんたん繰越処理について

 

②決算期毎に区切らない場合

 連動先のデータを再設定します。

 

 PDF  事業所の変更について

7. 弥生会計のバージョンを変更したとき

連動先のデータを再設定する必要があります。

 

PDF  事業所の変更について

8. 複合仕訳で登録したら仕訳が赤く表示されました。

複合仕訳は伝票ごとにブルー若しくはグリーンで表示されます。それ以外の色は振替伝票が成立していない時に表示されます。

 

※早業BANK8の複合仕訳はエクセルシート毎に一枚の振替伝票として作成されます。

 

赤:一枚の振替伝票に複数の日付が含まれている。

 日付毎に複合仕訳を作成したい場合はエクセルのシート毎にデータを分ける必要があります。早業BANK8のスプリッタ機能を使用することで加工できます。

 

PDF  スプリッタの使用方法について

 

黄:振替伝票の中で貸借の金額が一致していない。

未変換リストに仕訳が表示されていると貸借が一致しません。

9. 仕訳を末日の日付で取り込むことはできますか?

パターンの設定時に「日」を指定していない場合は全て末日で仕訳が作成されます。

10. 一回書き出したデータを再度書き出ししたい。

一度書き出した仕訳は画面上で見えなくなりますが、データとして残っているので再度書き出すことが可能です。

 

PDF  仕訳の再書きだし

11. 1回処理したデータを再度処理しようとすると、エラーが表示されて仕訳が取り込めない。

一度仕訳を作成したデータをドロップするとメッセージ画面が表示されますが、そのまま「はい」を選択するとデータの読み込みが行われます。コンバート実行時にもメッセージが表示されますが、「はい」を選択してください。

 

仕訳を出力している場合は早業BANK8に保存されているデータを削除する必要が有ります。

 

PDF 書き出し済みの仕訳の削除

 

 

12. データに月日しか入力がないが年はどうなるか

データに年の記載が無い場合は会計期間の内、該当する「月」の年として自動で判別されます。

 

例)2016年4月1日~2017年3月31日の事業所

 5月のデータ→2016年5月の仕訳/2月のデータ→2017年2月の仕訳

13. 仕訳を書き出したが弥生会計を起動しても取込の画面が表示されない

仕訳の書き出しが行われているのに仕訳の取込が行われない場合、①「連動しているデータの違う決算期を開いている場合」、②「決算期が終了しているのに繰越データを作成していない(決算処理が終了するまで繰越しない)場合」のどちらかになります。

 

①「連動しているデータの違う決算期を開いている場合」

決算期を変更し一度弥生会計の事業所データを終了します。再度起動すると仕訳の取込画面が表示されます。

 

②繰越処理通知設定が有効になっている場合、事業所データを開くと「繰越処理の通知」画面が表示され、仕訳の取込画面が表示されません。設定から「繰越処理通知設定」メッセージを表示しないに変更し一度弥生会計の事業所データを終了します。再度起動すると仕訳の取込画面が表示されて来ます。

14. 弥生会計のデータを繰り越して早業BANK8のデータの変更を行ったが会計期間や決算期が修正されない。

連動処理を行う弥生会計の事業所データで最後に終了時にて開かれていた決算期と連動が行われます。弥生会計の事業所データの決算期を確認の上再度事業所の変更を行ってください。

15. 弥生ドライブにあるデータでも使用できますか。

弥生ドライブの事業所にも対応しています。早業BANK8で事業所を作成する前に必ず弥生会計の事業所データを開くようにお願いいたします。

 

PDF  弥生ドライブとの連動について

16. 体験版で作成したデータは製品版でも使用できますか。

体験版で作成した事業所データは製品版でもそのまま使用して頂けます。

お申込されたパターン数登録しているパターン数が多い場合、一覧で表示されなくなりますが、データは残っているので、不要なパターンを削除すると表示されるようになります。

17. パターンの登録などをしてもらうことは可能ですか。また、費用はいくらかかりますか。

サポート契約BやCをお申込頂いている場合は弊社でパターンの設定を致します。

弥生会計のバックアップデータ、早業BANK8の事業所データ(作成済みの場合)、設定するデータを弊社までお送りください。データの確認後弊社よりご連絡いたします。

 

サポート契約をお申込頂いていない場合やサポート契約Aをご契約のお客様は別途料金が必要となります。データの内容によって料金が変わりますので、データ一式をお送りください。折り返しお見積書を送らせて頂きます。

18. 一覧に無い銀行を登録することは可能ですか。

一覧に無い銀行でもデータの形式に合わせたカスタム設定で登録することも可能です。複数の事業所で同じ形式のデータがある場合、弊社に該当するデータをお送り頂ければ銀行一覧に追加することも可能です。

19. 複数の会計ソフトに対応していますが、それぞれ別のプログラムが必要ですか。

早業BANK8は一つのソフトで複数の会計ソフトに対応いたします。

事業所データの新規作成を行う前に該当する会計ソフトを選択します。詳しくは差分マニュアルをご確認ください。

20. あらかじめ取り込めるように設定されたデータなどはありますか。

現金出納帳、買掛金、売掛金に関しては弊社よりダウンロードページにテンプレートデータとしてエクセルのひな形と早業BANK8のパターンの設定用意しています。必要に応じてご使用ください。

21. 特定の仕訳だけを書き出す事は出来ますか。

指定した仕訳のみ弥生会計に出力することは可能です。書き出したい仕訳を選択し、右クリックの中の「書き出す」を選択すると仕訳の書き出しが行われます。書き出しにはテキストファイルとして書き出す「CSV形式」と連動仕訳として書き出す「弥生形式」があります。

22. 複合仕訳で作成したものを単一仕訳に変更することは可能ですか。

一度複合仕訳にしたものを単一仕訳に変更することは出来ません。一度仕訳を削除し、再度取り込み直してください。

23. データから勘定科目などを取り込むとコンバート時に変換か作成か選択出来ますが、件数が多いので簡単に設定する方法はありませんか。

ファイルチェック画面で作成か変換か選択する画面の右上に「勘定科目・補助科目・部門を一括変換する方法」を選択するとファイルの保存を行えます。CSVデータで保存されますので、作成を変換に変更して上書き保存したデータを、設定画面上にドロップすると一括で作成が変換に変わります。

 

PDF 「科目、補助、部門の変換ファイル」の保存と反映方法

24. 同じパターンを使用するデータが複数あるのですが、まとめて処理を行う方法はありますか。

複数のデータをドロップし、特定のパターンでまとめて処理を行うことは可能です。

 

PDF  複数ファイルをドロップして、1つのパターンで処理する方法

25. 摘要3を設定しているのに仕訳に表示されて来ません。

初期設定では摘要3が表示されないようになっていますが、データは取り込まれています。表示項目の設定を変更してください。

 

PDF  摘要3の表示方法

26. データから補助科目(部門)を直接取り込むように設定していますが、「株式会社」を全て「㈱」に変更することは可能ですか。

勘定科目・補助科目・部門をデータから直接読み込むときに特定の文字を指定した文字に変換して取り込むことが可能です。

 

PDF 「科目、補助、部門の除外文字」の設定方法

27. 入力した仕訳から摘要をコピーして複数の仕訳に貼り付けることは可能ですか。

可能です。摘要の他、部門や科目もコピーできます。

 

PDF  未変換リストでの行の項目コピーと貼り付け方法

28. 登録したパターン設定を他の事業所で使用したい。

パターンデータをエクスポートして他の事業所に登録させることが出来ます。

 

PDF  パターンのエクスポート&インポート

29. 登録した事業所を複数のPCで共有することは可能ですか。

事業所データをエクスポートし、エクスポートデータから事業所を開くことで最新の状況を共有できます。

 

PDF  事業所ファイルの共有方法(随時共有)

30. 仕訳エディタに表示されているデータを再度変換することは可能ですか。また、変換設定を登録することは出来ますか。

未変換リスト画面に対しての変換設定とは別に仕訳エディタ用の変換設定を登録することが出来ます。

 

PDF  仕訳エディタ中のデータの変換

31. 未変換リストの科目が入力されていない科目を全て特定の科目に修正することは出来ますか。

かんたん一括修正によく使用する勘定科目を登録しておくと未変換リストの科目が入力されていない仕訳に自動で設定されます。

 

PDF  かんたん一括修正

32. かんたん追加仕訳で作成された受取利息に関する科目が弥生会計で使用しているものと違うので変更したい。

かんたん追加設定に登録されている科目を変更することは出来ません。一度仕訳エディタに取り込んだ後に該当する仕訳の科目を変換する設定を登録してください。

 

PDF  かんたん追加仕訳の法人受取利息の変更方法

33. 一度登録した銀行パターンの勘定科目(補助・部門)を変更したい。

登録したパターンの設定を変更することは可能です。

 

PDF  銀行パターンの科目、補助、部門の変更方法

34. 会計期間外の仕訳を書き出そうとするとエラーメッセージが表示されます。書き出し画面に進んでも件数が0件のままですが、書き出しは出来ませんか。

連動データとしての書き出しは出来ませんが、ファイルとして出力することは可能です。

 

PDF  会計期間外の書き出し方法

35. 仕訳エディタに表示されている仕訳のうち、弥生会計に一部の摘要だけを出力したい。

出力時に書き出す摘要を選択出来ます。また、摘要に出力しないものに関してはメモに書き出すことも出来ます。

 

PDF  弥生会計の「摘要」、「メモ」の出力を選択する方法

 

また、パターン毎に書き出す摘要を個別に指定することも可能です。

 

PDF パターン毎の書き出し摘要・メモの個別設定機能

36. 早業BANK8で外貨のレート設定等は出来ますか。

レートを登録しておき、パターン登録時に指定することで設定が可能となります。

 

PDF  多通貨の処理方法

37. 銀行に入金される売掛金は手数料が引かれているが、手数料の仕訳を追加して仕訳を作成することは可能ですか。

複合仕訳として手数料の金額がわかっている場合に追加仕訳を登録しておくことで可能となります。

 

PDF  早業8の複合仕訳上で追加仕訳の加算金額の自動合計

38. 勘定科目・補助科目・部門を直接読込に設定していると不要な文字も読み込まれてしまう。

勘定科目・補助科目・部門をデータから直接読み込みに設定していると、取り込むデータに含まれている文字全てを読み込んできます。

 

取り込みたくない文字が含まれている場合や、指定した文字に変更したい場合は「除外文字の設定」で設定を行えます。

 

PDF 外文字の設定

 

 

39. 特定のセルを指定して読み込む事は出来ますか。

パターン登録を行う時に特定のセルを指定して取り込むことが可能です。

 

セルの指定は「ヘッダ日付(明細部分の指定)」・「金額」・「勘定科目」・「補助科目」・「部門」・「摘要」で行えます。

※明細部分の日付はセルの指定が出来ません。

 

PDF ターン登録時のセルの指定方法

ページトップ