よくあるご質問

※各ご質問の所をクリックすると回答内容を見ることができます。

1. 摘要3を設定しているのに仕訳に表示されません

初期設定では摘要3が表示されないようになっていますが、データは取り込まれています。表示項目の設定を変更してください。

 

PDF  摘要3の表示方法

2. 複合仕訳で登録したら仕訳が赤く表示されました。

複合仕訳は伝票ごとにブルー若しくはグリーンで表示されます。それ以外の色は振替伝票が成立していない時に表示されます。

 

※早業BANK8の複合仕訳はエクセルシート毎に一枚の振替伝票として作成されます。

 

赤:一枚の振替伝票に複数の日付が含まれている。

 日付毎に複合仕訳を作成したい場合はエクセルのシート毎にデータを分ける必要があります。早業BANK8のスプリッタ機能を使用することで加工できます。

 

PDF  スプリッタの使用方法について

 

黄:振替伝票の中で貸借の金額が一致していない。

未変換リストに仕訳が表示されていると貸借が一致しません。

3. 1回コンバートしたデータを再度コンバートしようとすると、エラーが表示されて仕訳が取り込めません

一度仕訳を作成したデータをドロップするとメッセージ画面が表示されますが、そのまま「はい」を選択するとデータの読み込みが行われます。コンバート実行時にもメッセージが表示されますが、「はい」を選択してください。

 

仕訳を出力している場合は早業BANK8に保存されているデータを削除する必要が有ります。

 

PDF 書き出し済みの仕訳の削除

 

 

4. マッチングリストで変換か作成か選択出来ますが、件数が多いので簡単に設定する方法はありませんか?

「ファイルチェック結果」画面で作成か変換か選択する画面の右上「勘定科目・補助科目・部門を一括変換する方法」をクリックすると、ファイルの保存ができます。CSVデータで保存されますので、作成を変換に変更して上書き保存したデータを、設定画面上にドロップすると一括で作成が変換に変わります。

 

PDF 「科目、補助、部門の変換ファイル」の保存と反映方法

5. マッチングリストで一度設定した勘定科目を変更できますか?

マッチングリストの削除で変更したい勘定科目を削除し、次にコンバートするときにマッチングが出てくるので、勘定科目を登録しなおします。

[PDF] マッチングリストの削除方法

 

もしくは削除後、コンバートする前にあらかじめ勘定科目の新規登録をすることもできます。補助科目・部門も同様です。

[PDF] 科目マッチングリストへの新規登録方法

6. 同じパターンを使用するデータが複数あるのですが、まとめて処理を行う方法はありますか?

複数のデータをドロップし、特定のパターンでまとめて処理を行うことは可能です。

 

PDF  複数ファイルをドロップして、1つのパターンで処理する方法

ページトップ