よくあるご質問

※各ご質問の所をクリックすると回答内容を見ることができます。

1. パターンとは何ですか?

パターンとは、変換するExcelやCSVデータの文字列等を参照して、勘定科目・補助科目・部門や仕訳に表示させる摘要を設定し、会計ソフトに取り込み(インポート)できる仕訳に変換するための「型」のようなものです。

2. テキストデータやCSVデータでも仕訳に変換できますか?

データに合わせて読み込む形式を設定することで仕訳に変換することが出来ます。

 

※データによっては一部加工が必要となる場合もあります。

3. 仕訳に変換するエクセルの形式は固定されていますか?

特に固定はされていないので、現在使用しているデータをそのまま使用することが出来ます。また、ホームページより現金出納帳、買掛金、売掛金に関する仕訳作成用のテンプレートをダウンロードすることも可能です。必要に応じてご使用ください。

4. あらかじめ取り込めるように設定されたテンプレートなどはありますか?

現金出納帳、買掛金、売掛金に関しては弊社よりダウンロードページにテンプレートデータとしてエクセルのひな形と早業BANK8のパターンの設定用意しています。必要に応じてご使用ください。

5. 弥生ドライブを使用しても早業と連動できますか?

弥生ドライブの事業所にも対応しています。早業BANK8で事業所を作成する前に必ず弥生会計の事業所データを開くようにお願いいたします。

 

PDF  弥生ドライブとの連動について

6. 科目・補助・部門の検索に弥生で登録しているサーチキーを使用できますか?

早業BANK8では事業所データ作成時に弥生会計から科目・補助・部門の情報を自動取得してきますが、サーチキーの情報は含まれていません。

 

弥生会計からマスター情報の出力を行い、早業BANK8のマスターを更新することでサーチキーを使用出来るようになります。

 

PDF 目検索時にサーチキーを使用する方法

7. 体験版で作成した事業所データは製品版でも使用できますか?

体験版で作成した事業所データは製品版でもそのまま使用して頂けます。

お申込されたパターン数より登録しているパターン数が多い場合、一覧では表示されなくなりますが、早業BANK8内にデータは残っているので、不要なパターンを削除すると表示されるようになります。

8. 複数の会計ソフトに対応していますが、それぞれにソフトが必要ですか?

早業BANK8は一つのソフトで複数の会計ソフトに対応いたします。

事業所データの新規作成を行う前に該当する会計ソフトを選択します。詳しくは差分マニュアルをご確認ください。

9. 登録した事業所を複数のPCで共有することは可能ですか?

事業所データをエクスポートし、エクスポートした事業所を開くことで最新の状況を共有できます。

PDF 事業所のエクスポート&インポート

PDF  事業所ファイルの共有方法

10. パターンの設定などを依頼することは可能ですか? また費用はいくらかかりますか?

サポート契約BやCをお申込頂いている場合は弊社でパターンの設定を致します。

弥生会計のバックアップデータ、早業BANK8の事業所データ(作成済みの場合)、設定するデータを弊社までお送りください。データの確認後弊社よりご連絡いたします。

 

サポート契約をお申込頂いていない場合やサポート契約Aをご契約のお客様は別途料金が必要となります。データの内容によって料金が変わりますので、データ一式をお送りください。折り返しお見積書を送らせて頂きます。

11. 新しいPCで使用する際の手順を教えてください

※新しいPCに移行する前に、使用されていたPCから必要な事業所ファイルは、エクスポートして保存しておいてください。

[PDF] 早業のバックアップの作成方法と復元方法

 

 

先ず、以下のURLから製品のダウンロードをお願い致します。
http://hayawaza.net/download/Hayawaza32.msi

製品ダウンロード後、ファイルを実行するとインストールが開始されます。
インストール終了後、マイクロソフトの以下のライブラリのインストールも行って下さい。

 https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=39358

(インストールする製品は、「AccessRuntime_x86_ja-jp.exe」となります)

 

《企業様ライセンス》

1.サポートセンターに連絡して、ライセンスのリセットを依頼してください。

2.リセットの連絡が来た後、新しいPCでライセンス登録を行ってください。

 

《税理士事務所様共有ライセンス》

早業、AccessRuntimeのインストールが完了した後、

早業を起動していただくとライセンス番号を入力していただく画面が表示されますので、 共有ライセンスをインポートして使用してください。

[PDF] 共有ライセンスのインポート方法

[PDF] ライセンス番号の確認方法

ページトップ